【 エクセル 】作業速度 “微アップ” ショートカット集

エクセル

おはようございます!

BaFIT の ITO です。最近は情報社会ですね。

ほぼ毎日パソコンを使っています。パソコンを操作するときに欠かせない必須マストアイテムがキーボードとマウスです。でも毎日パソコンを使っていると、キーボードとマウスの手の移動にかかる時間 が無視できなくなってきます。

そんなときに活躍するのがキーボードショートカットです。

私は一時期パソコンからマウスを取り外し、操作のすべてをショートカットを駆使してキーボードだけでするという修行をやっていました。

もちろんすぐに挫折しました。

さすがにマウスを一切使わずに操作するには限界が…(笑)

とはいえキーボードショートカットはめっちゃ便利です。操作によっては大幅に時間を短縮できます。といっても1秒程度ですが。。。

それでもチリツモです!少しですが、確実に時間短縮できます!

前置きが長くなりましたが作業速度を微アップさせるエクセルショートカットのメモです。特に使用頻度が高く、使えそうなものを忘れないように随時追加していきます。

文字だけで分かりにくいものは画像も載せてます。

一部マウスを使うショートカットも載せてます!

このページの下の方に紹介したショートカットの一覧表があります!

王道系 (ショートカット四天王)

王道系は使用頻度が高すぎる。すでに知っている人も多いはず。ショートカット四天王と呼んでもいいだろう。

上書き保存

Ctrl + S

これはもはや脊髄反射レベル。意識したときにはすでに押し終わっている。

コピー

Ctrl + C

コピーなしでは生きていけません。

貼り付け

Ctrl + V

コピーとセット。

直前の操作の取り消し

Ctrl + Z

やってしまった。。。そんなときに。

シート系

エクセルのシートに対しての操作のショートカットです。けっこう使います。

シートを移動

Ctrl + PageUp or PageDown

Ctrl + PageUp なら前(左)のシートに、

Ctrl + PageDown なら後(右)のシートに移動します。

PageUp キー、PageDown キーはキーボードの右の方にあると思います。ノートパソコンでは Fn キーを押さないといけない場合があります。

このようにシート名が長いとすべてのシートのタブが表示されないので、タブが表示されていないシートを選択するのは少し面倒です。

そんなときは Ctrl を押したまま PageUp または PageDown を連打しましょう!長押しでもいけます。

新規シート作成

Shft + F11

タイトル通り新しいシートが作成されます。F11 だけを押すと選択範囲をもとにグラフシートが作成されます。

シートの削除

AltEL

「→」 は同時押しではなく、順番に押すという意味です。現在編集中のシート (アクティブシート) を削除します。

シートを削除してしまうと基本的に元に戻せないので削除の際はご注意を!

入力系

セルに何かを入力する系です。

編集のために入力内容末尾にカーソルを移動

F2

編集したいセルで F2 を押すと

入力内容の末尾にカーソルが現れます。入力内容がなくてもちゃんと使えます!空白のところにカーソルがいきます。

私は Excel のオプションの「詳細設定」→「編集オプション」→「セルを直接編集する」のチェックを外しているので上の画像のようになっています。

「セルを直接編集する」にチェックを入れている場合は下図のようにセル内にカーソルがいきます。

上のセルの内容を複製

Ctrl + D

これには使い方が2つあります。

① 単一セルを選択中

真上のセルの内容を現在選択中のセルにコピーします。

② 複数セルを選択中

複数セルを選択しているときの一番上のセルを選択中の残りのセルにコピーします。

ちなみに、Ctrl + R でいま紹介したものの横方向バージョンができます。

Ctrl + D は下方向にコピーするので Down の “D”

Ctrl + R は右方向にコピーするので Right の “R” と考えると覚えやすいです。

オートフィル (ダブルクリック)

フィルハンドルをダブルクリック

連続データを入力するときや数式を下方向にコピーするときに使う大変便利なオートフィル。

オートフィルではフィルハンドル (黒い十字型になるところ) をコピーしたいところまでドラッグします。

ですが、データがめっちゃ多くて画面から見切れているときは一番下までドラッグするのが大変であります。そんなときにはポインタが黒い十字型に変わったらダブルクリック!

ダブルクリックすることで、上の画像のように既に入力されている他の列のデータの状況をエクセルが判断して自動でコピーしてくれます!

フラッシュフィル

Ctrl + E

オートフィルの進化版ともいえる超速機能のフラッシュフィル。

さらにそれをショートカットで実行することで速度微アップで微超速!

フラッシュフィルはオートフィルとは若干違っていて入力されたデータから法則を見つけて自動で埋めるのに対して、オートフィルは連続データもしくはコピーで埋めるって感じです。

オートフィルでは同じデータのコピーになっていますが、フラッシュフィルでは姓の抽出となっています。

ショートカットまとめ

操作ショートカット

覚えるまでは大変ですが、一度覚えて使いこなすようになるともうマウスを使っての操作には戻れなくなるでしょう。1つ1つ、1回1回のショートカットでの時間短縮は微々たるものですが、集まるととても大きなものになるはず!

私が大好きな LiSA さんの 「Catch the Moment」に次のような一節があります。

集めた一秒を 永遠にして行けるかな

LiSA 「Catch the Moment」

僕もショートカットを使って集めた1秒を永遠にしていけるように精進します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました